ABOUT

《おやすみスコープ》オンラインストア
《おやすみスコープ》オンラインストア
oyasumiscope

「おやすみスコープ」は、皆様の応募によって集まった写真をもとに作られた作品です。 毎日の生活の中、まぶたを閉じて眠りにつく直前に、自然と目に入ってくる光や風景。普通なら他の人と共有することのない「眠る間際に見るひかり」を集めて、それらをポジフィルムに焼き直します。ポジフィルムになった知らない誰かの「眠る間際に見るひかり」を、眺めて楽しむための手のひらサイズの装置、それが「おやすみスコープ」です。 2020年8月の1ヶ月間、「眠る間際に見るひかり」の写真を一般募集したところ、日本全国各地をはじめ、韓国、台湾、フィリピン、アメリカ、カナダ、ドイツなど海外からも多数ご応募いただき、合計119名の方の「眠る間際に見るひかり」が集まりました。 集まった写真たちを「おやすみスコープ」にセットして覗きこむと、撮影した時間、場所、持ち主が匿名化された「個のひかり」を手のひらの上で眺めることができます。 本作品は、眠りにつく直前を誰もが一人に戻る瞬間と考え、それぞれがそのときに見る「ひかり」を通路にして「個」の視点を見知らぬ人同士で共有していく試みです。時間や空間を超えて新たな形で立ち現れるささやかなコミュニティに、観る方もご参加頂ければ幸いです。 *≪おやすみスコープ≫は「黄金町バザール2020」会場内にて本体と応募写真の一部を展示しています。 黄金町バザール2020: http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2020/ 会期:2020年9月11日(金)〜10月11日(日)  ------------------------------------- Artist 三輪恭子 / Kyoko Miwa 1982年宮崎県生まれ。福岡教育大学大学院教育学研究科修了。2018年より黄金町AIR参加。「"個"の祝福」をテーマとし、彫刻、インスタレーションやドローイングなど、様々な手法で作品を展開、時間と共に忘れ去られてゆく個人や場所の記憶に揺さぶりをかけ、その存在の肯定を試みる。主な展示歴として、2017年「Local Prospects 3 原初の感覚」( 三菱地所アルティアム、福岡)、2019年「VOCA展2019 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京)など。 Website: http://www.kyokomiwa.com/